UP-RISE PRO

先日瑞浪に行ったときにお友達(初対面w)のUNPARALLELのUP-RISE PROを履かせて貰う機会がありました。我らがトムランドール様開発のシューズで興味ある人も多いと思うので感想をちょこっと。

第一印象

つま先の部分に広くラバーを貼ってあるベルクロ一本締めタイプのシューズで、昔あったモカシムオンサイト(通称ユカシム)にトウラバーを貼ったようなイメージです。

トウラバーは足の甲までかかるように広範囲に貼ると足の痛みが出ることが多々あります。ラバーの折れ目が内側に入ってギロチンのようになっちゃうのですが、これはつま先を曲げても不思議と違和感はありませんでした。

足の外側から継ぎ目なくランドを足の甲まで伸ばしているのでそのあたりは剥がれたりすること無く使えそうな感じです。逆に内側(母趾側)ラバーには継ぎ目がありますが、段差はないのでそのあたりの引っ掛かりもなさそうでトータルで良く出来てるな〜と♪

ただ足型が合わないんだよね〜 履いてみるともろに5.10ラスト、スポルティバ足の私には辛い形状です。。。

細いクラックはつらそう

あと気になったところはシューズの厚み、私のカタキと比べるとかなり分厚い感じです。普通っちゃ普通の厚みなんだけどクラック用ならもう少し薄く作っても良いんじゃない?

そもそもシンハンドとか難し目なクラックではフットジャムが入るか入らないかが勝負になることも多々あるから、少しでも薄いほうが良いと思うんだどそのあたりはどうなんでしょ?

実はトムランドール様の足はこの厚みでピッタリだったりするかな???

インバージョンで壊れにくそう

インバージョンってつま先のランドラバーとか、私の場合はトウに貼ったアッパーラバーがペロンペロンめくれちゃうんですよね。

ラバーが剥がれる方向に力がかかるので致し方ない部分はあるのですが、アッパーラバーでカバーした私のシューズもラバーがめくれて本体がぼろぼろになりがちなんです。

写真で見るとこんな感じ。ラバーが剥がれて補強用の接着剤(セメダインスーパーX)も削れて本体の皮がぼろぼろになってます。

UP-RISE PROだとインバージョンで岩に触れるところよりも大きくラバーが貼ってあるので、少なくとも縁から剥がれることはなさそうです。

インバージョンに良さそうだな〜と思うんだけど、、、なんでローカットなんでしょう??? TCProみたいにハイカットなら踵が抜ける心配がなくて良さそうなのに。トムランドール様はそんな心配がないくらい安定したインバージョンできるのかな???

サイズ感

試させてもらったのは40hで、私が靴下を有りで履くと足趾が曲がってジャストフィット〜ちょい緩め位な感じです。クラック用に足を伸ばしきって履くにはもうちょっとサイズを挙げないと厳しそう。でも厚みがあるシューズだからサイズ上げるとゆるゆるになっちゃう可能性が高いな〜 このあたりは甲高の人ならぴったりなのかな???

左のカタキは私のクラックシューズでEUR40、右が今回お借りしたライズアップで40h。ソール長はサイズの小さいカタキのほうがちょっと長く見えます。

改造後の可能性

私のように足が幅広の人はリソールで自分の足型にあってくるとシューズが薄くなる傾向があるので(バーチリソールでの実績)しばらく使ってリソールしてみると良くなる可能性があります。

カタキがなくなってしまうらしいので次のシューズを探さなきゃいけないんだけど、次のシューズを探す時の候補には残しておこうかな♪