カムの揃え方

    クラックを始めてある程度TRで登れるようになったらばリードしてみたいですよね?そんなとき、最初に必要になるのがSpring Loaded Camming Device、通称カムです。かっこよく英語で書いてみましたが要はみんなが岩場で持ってるあのカムです(カチャカチャ) そのカムには色んな種類があるのですが「どんなカムをどのように揃えるのが良いのか」を独断と偏見で書いていきたいっと思います。 ※カム […]

    小川山アプローチ情報

    ご存知我らが小川山、正確には長野県南佐久郡川上村にある廻り目平キャンプ場の周辺にある岩峰群をまとめて小川山と呼んでいます。 基本情報 岩質粒子の細かい花崗岩です。 シーズン信州で標高1600mと涼しさ番長のような立ち位置ですが、フリクション重視の花崗岩ということともありベストシーズンはGW前後と9月後半〜10月といったところです。近年の暖冬で11月でも十分に登れるようです(私は寒がりだからいかない […]

    06 オフフィンガーの科学

    指はスカスカ、でも指の第三関節は入らない。。。そんななんともやるせないサイズです。 オフフィンガーは細い系クラックの最難サイズで高グレードが付きますが、人によって指が太かったり手のひらが薄かったりするとフィンガーやシンハンドになるのでクラックをよく観察してちょっとでも広がっている(狭まっている)ところを探してオフフィンガーを回避するのがおすすめです。 それでも難しいルートだと出てきます、オフフィン […]

    クラックリードへの道

    クラックルートを安全にリードするためにはまずカムやナッツをプロテクションとして機能させるための訓練が必要です。これは登るムーブとは全く別個のものなので意識して訓練しないと身につきません。ここでは技術習得へ至るおすすめの流れを書いていきたいと思います。 1.TRでジャミングが安定するまで沢山登る プロテクションセットの要点を考えると大きく「安定した体勢を作る能力」と「カムセット自体の能力」に分解する […]

    キャメロットC4 #7#8発売

    ブラックダイヤモンド発表されていたキャメロットC4#7と#8ですが、日本でもやっと取り扱いが始まったようです。 現在はロストアローのWEB限定で販売してますがそのうちに一般店舗にも出てくるのでしょうか? https://www.lostarrow.co.jp/store/g/gBD10910/ これに関連してカムに関する面白いページもロストアローで出ています。ギア好きの心をくすぐりますね!

    2020/08 事後多発

    2020年のお盆は続けて2件の事故がありました。1件はマラ岩にあるホリデー、もう一軒は父岩の小川山ストーリーでの事故で両方ともヘリ搬送となりました。 これらのルートはどちらも初期に開拓されたもので、この時代のスラブルートはランナウトがちです。夏場のスリッピーな状況も加味して余裕のあるグレードに取り付くようにする、プロテクションに不安があったらばクライムダウンするなど自衛策を講じましょう。

    瑞浪アプローチ情報

    冬でも登れる貴重な花崗岩、瑞浪の情報です。 基本情報 岩質結晶の大きめな花崗岩 テーピングテープをシッカリ巻くことをおすすめします。 シーズン太陽さえ出ていれば真冬でも登れますがたまに雪も降るから要注意。ベストシーズンは11月くらいと2月〜3月でしょうか。 買い出しまちなかにあるのでスーパーなど選びたい放題です。バローでは関東にないようなホルモンを売っています。 宿泊&風呂町中だけにお気楽なテント […]

    セルフレスキューの方法

    事故を起こしたいと思う人は一人もいないと思いますがそれでも事故は起きてしまいます。そんな万が一のときのためにここに書いたレスキューの方法を頭の片隅に入れておいてもらえればと思います。 セルフレスキューとは セルフレスキューとは読んで字のごとく自分で自分を救助する技術のことです。 クライミングではパーティーの単位で行動するので一般的には自分たちのパーティーで救助を完結させることがセルフレスキューの理 […]

    グレードだけで判断すると怖いルート集@小川山

    小川は古き良き時代を思わせる厳しいルートからジムクライマーでも遊べるようなルートまで雑多に有るのが特徴ですが、殆どの場合それらの細かい説明はトポには乗っていません。 昔はクライミングを始めた頃に要注意ルートとして先輩に教えてもらったりしたものなのですが最近はそのような内容を共有するコミュニティが減ってきて、危険なルートもキャッキャと言いながらトライするような状況も散見されます。 ここでは情報共有が […]

    iron工房①クラック用クライミングシューズにアッパーラバーを貼る

    私のクラックシューズはすべてアッパーラバーが貼ってありますが、岩場でも興味津々の人が多いようです。なぜラバーを貼り、どのような効果があるのかをここで公開したいと思います。 なぜアッパーラバーを貼るのか ここで書いていますが、クラック用のクライミングシューズは足趾を伸ばして履きたいのですがノーマルの状態だと力が加わったときに足趾が曲がってどうしても力が逃げがちになってしまいます。アッパーラバーで上か […]

    よく見られている記事