セルフレスキューの方法

事故を起こしたいと思う人は一人もいないと思いますがそれでも事故は起きてしまいます。そんな万が一のときのためにここに書いたレスキューの方法を頭の片隅に入れておいてもらえればと思います。

セルフレスキューとは

セルフレスキューとは読んで字のごとく自分で自分を救助する技術のことです。

クライミングではパーティーの単位で行動するので一般的には自分たちのパーティーで救助を完結させることがセルフレスキューの理想と言えます。

しかしクライミングで重大事故を起こしてしまった場合、まず考えるべきことは一刻も早く病院施設に要救助者を連れて行くことになります。なので現実的には訓練を受けたレスキュー隊の出動をお願いしつつ、レスキュー隊到着までの間に少しでも救命率を上げるために行う最低限の搬送や応急処置もセルフレスキューと言えます。

これらのセルフレスキューは具体的には下記のような流れで行います。事故の程度によって2の連絡内容や3の処置方法は変わってきますが基本的な流れは変わりません。

1.転落の危険や落石などのない安全な場所への移動
2.緊急連絡(応急処置と並行して)
3.応急処置
4.救急車やヘリが来られる場所まで要救助者を運ぶ

安全な場所への移動

事故が起きた時はまず助けに行く場所が安全かどうか確認します。落石多発など明らかな危険がある場合は二次災害を引き起こす可能性があるので慎重に判断をしてください。

要救助者のいる場所に危険がなければその場で必要な応急処置を施しますが、移動したほうが安全と判断される場合は要救者を安全な場所に退避してから応急処置を行います。

緊急連絡

基本は119番(消防)から

119番に一刻も早く連絡しましょう。(応急処置とは平行して行うと望ましい)
携帯電話がつながるエリアであればその場で連絡で良いのですが、つながらない場合は電波が繋がる場所を探すことになります。

119番でどうするか指示を仰ぎましょう。悩ましい場合はプロの判断に任せる方が救命率が上る可能性が高いです。

119番には連絡の電話番号を2~3個伝えておきましょう(連絡先が1つだと必要な連絡が取れない場合があります)

レスキューが必要ない程度であっても、119番で事故の状況を伝えて治療を受け付けてもらえる病院を紹介してもらうことが可能になります。119番にかけたからと言って必ずしもレスキューが出動するわけではありませんので、悩んだらばまず連絡をしてプロの判断を仰ぐのも必要なことです。

連絡の時伝えたい情報

・要救助者の、氏名、年齢、血液型、住所
・要救助者の状況 呼吸は? 意識は? 出血は? 骨折は? 
・歩行は困難?可能? 体力は衰弱?平常? 
・その他気がついたことがあれば

・事故発生場所
・事故発生時間
・現在地
・事故時の状況(グランドフォールなどの場合「高エネルギー外傷」もしくは「高いところから落下」と必ず伝えましょう、搬送する病院が変わります)

・パーティー構成 リーダー 人数 
・ヘリ対応の場合で必要な場合民間ヘリを使用する?(費用負担する?)

現在地の伝え方として緯度経度を伝える方法もあります。
iPhoneだとコンパスの中に入っているので予め確認しておくと万が一のときのために有効です。

家族への連絡

事故に遭ってしまった方の家族への連絡も並行して行うのが望ましいです。
ただ人手が足りない場合は手が回らないことも多いので、レスキュー隊が到着してからでも良いかもしれません。

応急処置

可能なら写真撮影

応急手当をする前の傷の状況などの写真があるとレスキュー隊が到着したときに救助の参考情報として有効です。余裕があれば撮影してから応急処置をしましょう。

出血がある場合はまず止血

直接圧迫止血を行う(傷口を上から直接押さえる)
骨折していようが痛かろうが出血を止めるのが先です。
圧迫止血は体重をかけるくらいの力で行いましょう。
圧迫した状態から包帯などで体の端から中心に向かってグルグル巻にします。

止血するときは要救助者の血に触れないようにする。

ゴム手袋、ビニール袋、ウィンドブレーカーなどあるものでなるべく遮蔽します

骨折がある場合(疑わしい場合は骨折として行動する)

骨折を疑われる箇所の前後の関節まで含めてまとめて固定&安静にします。
可能であればアイシングもしましょう。

傷口を洗浄する

岩場では貴重な水ですが、ここは惜しまず傷口を洗い流しましょう。ペットボトルや水筒に穴を開けてピュ~っと水を出して洗浄すると少量の水で効果的に洗うことができます。私は予め穴を開けたペットボトルの蓋を持ち歩いて、必要なときはペットボトルの蓋を付け替えて洗浄できるようにしています。ただ残念なことに(?)一回も使ったことはありません。
水がない場合はコーラでもなんでも良いので洗えるもので洗ったほうが良いようです。

搬送

軽症であれば自力搬送で下山してしまうほうが良いのですが、難しいようであれば無理せずレスキュー隊の支持に従いましょう。ここで書くことは比較的軽症で意識もあることを前提として書いています。

要救助者を動かすときは本人に動けそうか聞きながら

本人の意識がある状況ならば様子を聞きながら移動しましょう。動かすときに無理がかかれば本人から「イタタタ」など何らかのアクションがあるのでその場合は他の動かし方を考えましょう。

気絶や意識が混濁してる時は動かさない方が無難です。
また首や腰を打って手足にしびれがある場合は要注意です。

背負搬送

必要な物
・空のザック 腰ベルトがしっかりした物が良い
・60cmスリング×2
・合計2~3mのスリング
・カラビナ×2
・要救助者がハーネスを履いていること

やりかた
写真のようにザックの肩紐にスリングをタイオフしてクロスさせます。それをループに通して要救助者のハーネスのレッグループにクリップします。この準備とは別に要救助者の脇の下に新たな長めスリングを通しておきます。ここまで準備ができたらば要救助者をザックごと背負い、要救助者の脇の下から来ているスリングを手で持つかチェストベルトのあたりで結びます。

ポイント
天袋も含めて荷物を空にしましょう
背負い始めは左右に介添えを付けましょう
歩き始めたら前後でサポートしましょう
上り坂では背負い人のハーネスにスリングを付けて引っ張ると楽です
上り坂では後ろの人はお尻を押すと楽です
坂道はロープで確保しましょう

担架搬送

必要な物
・空きザック×3
・スリング60~120cm大量に
・6人程度の協力者
・要救助者はハーネスを履いてなくてもOK

やりかた
一度ザックのショルダーベルトを外して隣のザックのショルダーベルトと連結します。
出来上がったザック担架に要救助者をのせます。
足から順番に頭に向けてウエストベルトなどで要救助者を固定します。
頭は頚椎のあたりにタオルやフリースを巻いてずれないようにした上でウエストベルトで頭ごと固定します。
搬送者はスリングをたすきがけにしてと連結します・
頭側に付いた人の指示で持ち上げてたり運んだりします。

ポイント
固定は足から頭へ行います
用意できるザックの中で一番立派な腰ベルトのものが頭にくるようにセットします
要救助者の頭には帽子かメットをかぶらせましょう
通常は足から進みますが、上り坂は頭から進みます。
ショック症状が出ることがあるので上着とかで保温しましょう・
頭の部分を持つ人は要救助者に声をかけましょう。
先頭の人は道の状況を知らせながら歩来ましょう、後ろの人は足元がよく見えません
先頭の人のハーネスにスリングを付けて他の人がひくと楽です

実際にやってみるとスリングの長さ調節とか役割分担とか細かい調整で思わぬ時間を食うので担架搬送が必要なほどの重傷者の場合はレスキューが来てくれる時間なども勘案して本当に自力搬送が早いのかを判断する必要があります。

山奥の場合は一刻も早く麓まで下ろすことも検討する

山奥深くでレスキューに時間がかかるような場合はアドレナリンが出て痛みが麻痺している間に下ろしてしまうのも1つの手です。特に夕闇が迫る場合はヘリが有視界飛行できない可能性が高いのでビバークするか降りてしまうかの究極の選択をする必要があるかもしれません。
要救助者を動かせるかどうか悩ましい時は119番で指示を仰ぐのが望ましいです。

予め準備しておきたいこと

事故を起こさないことは大事ですが、ここはどんなに注意しても絶対はありません。なので万が一のために最低限の備えは必要です。

緊急時連絡先

病院では治療を行うのに本人の意識がない場合親族のサインが必要になります。最悪の場合は病院の判断で治療をすすめることもありますが、予め万が一に備えて緊急時連絡先をパーティー内で確認しておきましょう。

また持ち物のどこかに緊急時連絡先を記入してそれを知らせ合うのも有効です。私の場合はヘルメットの内側に緊急時連絡先や血液型を記載したテープを貼っています。他にはザックの内側やハーネスなどいろいろな例がありますが、それもパーティー内で確認しておくと良いでしょう。

救急セット

最低限の救急セットを持ち歩きましょう、私の場合はこのようなものを救命セットとして持ち歩いています。

左上から
CCガールズ小川で配っていた緊急時対応方法(緊急時連絡先記も記入済み)
黒いポーチ(これにレスキュー関係のものが入っています)
ピンク色のものが消毒用脱脂綿(個装タイプ)
ビニール袋

下に移って白いのが三角巾とカイロの袋
エマージェンシーシート
ナイフライター
人工呼吸用感染防止器具(コロナに効くかは不明)
黄色い箱がポイズンリムーバー
ワセリン(止血用)
穴あきペットボトルの蓋(洗浄用に使います)
ポタージュスープ(最終食料)

テーピングテープはクラック用に常備しているのであえてレスキュー袋には入れていません。

事故を起こさないのが一番ですが、万が一のときに被害を最小限に食い止めるのも非常に大事です。日頃から少しでもいいので備えをしておきましょう。

安全技術の最新記事8件