グレードだけで判断すると怖いルート集@小川山

  • 2020年7月10日
  • 2020年9月27日
  • 小川山

小川は古き良き時代を思わせる厳しいルートからジムクライマーでも遊べるようなルートまで雑多に有るのが特徴ですが、殆どの場合それらの細かい説明はトポには乗っていません。

昔はクライミングを始めた頃に要注意ルートとして先輩に教えてもらったりしたものなのですが最近はそのような内容を共有するコミュニティが減ってきて、危険なルートもキャッキャと言いながらトライするような状況も散見されます。

ここでは情報共有がされていないがゆえに起こしてしまう事故が少しでも減るようにクラックに限らず怖いルートをピックアップしたいと思います。

・ブラック&ホワイト 左岸スラブ
ボルト2本目までのランナウトがすごい。途中のフレークにカムが刺さりますがドカ落ちしたらおそらくフレークが割れます。ムーブは簡単だけどスラブの10台をナメてはいけません。

・クはクライマーのク 父岩
クリップ位置が悪く落ちると怪我の危険性あり。

・ホリデー マラ岩
これもランナウトがちで怖いルート。昔の人は心が強い!ロングフォールはするけどグランドはしないと思います。

・ほんにゃらごっこ おむすび山
トポ(100岩)にはNPと書いてないけどボルト1本目の後にカムとらないで落ちると致命的です。(死亡事例あり)

・ブルースパワー マラ岩
何故か核心部のボルトでヌンチャクやらロープがはずれる事例が多いルートです。理由は不明だけど死亡事故も起きているから要注意です。手前のカムをアンクリップするのは止めましょう、流れを気にするならスリングで延長!

・愛情物語 妹岩
登りは簡単だけどプロテクション取れる場所が限られます。見極めができない人はリードしないほうが無難です。

・ジャックと豆の木 妹岩
隠れグランド王的ルート。下地がいいから死なないとは思うけど捻挫とか多いです。ワイドからタイトハンドに変わるところでしっかりとカムセットしましょう。

・がんばれクマさん・北条カンテ 兄岩
2本目のボルトの手前が難しいくてグランド多し。下地がいいからこれも苦笑で済むとは思うけど・・・

・陽の当たる場所 時雨 お殿様岩
ルート後半でジプシーかバリージャイアントなど特殊プロテクションがないとひたすらランナウトになります。実はワイドとしては普通なんだけどw
どちらのルートも小川にしてはグレーディング厳し目だから要注意です。私はよきせぬプレゼントよりも難しいと判断しています。